フェムト秒レーザー

フェムト秒レーザーとは?

「フェムト秒」とは、単位です。レーザーのパルス幅がフェムト秒単位で表せるレーザーです。 補助単位には「ミリ(1/1,000)」や「マイクロ(1/1,000,000)」がありますが、フェムトは1/1,000,000,000,000,000(千兆分の一)です。 非常に短時間にエネルギーを圧縮してあるので、ピークエネルギーがとても高くなります。

スポンサード リンク

補助単位

参考として補助単位を一覧にしてみます。

ミリ m ×10-3 ×1/1,000 千分の一倍
マイクロ μ ×10-6 ×1/1,000,000 百万分の一倍
ナノ n ×10-9 ×1/1,000,000,000 十億分の一倍
ピコ p ×10-12 ×1/1,000,000,000,000 一兆分の一倍
フェムト f ×10-15 ×1/1,000,000,000,000,000 千兆分の一倍
キロ K ×103 ×1,000 千倍
メガ M ×106 ×1,000,000 百万倍
ギガ G ×109 ×1,000,000,000 十億倍
テラ T ×1012 ×1,000,000,000,000 一兆倍
ペタ P ×1015 ×1,000,000,000,000,000 千兆倍

参考として補助単位を図にしてみると以下のような並びになります。 基本的に1000倍(1/1000倍)ずつ作られています。(但し、c:センチなどイレギュラーな単位もあります。)

補助単位一覧

フェムト秒レーザーの特徴

フェムト秒レーザー材料に照射すると、周辺部が熱的・化学的な影響を受けない加工が可能です。 さらに、多光子吸収という現象を利用することで、ガラスやダイヤモンド等の透明材料の内部加工も可能です。 従来加工と比較し、大幅な品質向上やプロセス簡略化が注目されています。

スポンサード リンク