YAGレーザー

YAGレーザーとは?

YAGレーザーは、イットリウム・アルミニウム・ガーネット(Yttrium Aluminum Garnet)の略で、産業用途・医療用途・研究開発用途などで、よく利用されるようになってきています。 最近はYAG結晶にNdが添加されているものが多く出回っています。 基本波は1064nmのレーザー光を出しますが、この基本波を非線形光学結晶に通すと第二高調波(SHG)が出力されます。 基本波と第二高調波を非線形光学結晶に通すと第三高調波(THG)が出力されます。

スポンサード リンク

YAGレーザーの波長

YAGレーザーの基本波の波長は1064nmで、赤外光ですので目には見えません。
第二高調波(SHG)の波長は基本波の半分の532nmで、可視光(グリーン)ですので目に見えます。
第三高調波(THG)の波長は基本波の1/3の355nmで、紫外光ですので目に見えません。

網膜損傷や視神経損傷と目の中心部損傷を引き起こし 回復不能な大ダメージを引き起こします。 さらに白内障(水晶体損傷)を引き起こす可能性があります。

スポンサード リンク