レーザー光による皮膚への障害
−レーザーの危険性

レーザー光照射による皮膚障害には、「熱反応」「非熱反応」があります。 「熱反応」はレーザーエネルギーにより皮膚温度が上昇し、皮膚に発赤や炭化などの反応としてやけどを生じます。 「非熱反応」は、紫外線照射による色素沈着などが含まれ、320nm以下の波長の光は発がん性をもつと考えられています。

スポンサード リンク