あなたをレーザーから守る為の安全対策

知識を得ることも大事ですが、実際には安全対策が必須になります。安全対策には主に以下の4つの対策があります。

スポンサード リンク

パネルやプレートによるレーザー利用の周知の為の安全表示

レーザーを取り扱っていることを周囲に周知するために、部屋の入り口などに掲示するための パネル・プレートによる表示。 このパネルやプレートはレーザー機器の使用者が自ら掲示する必要があります。

レーザー遮光用窓・カーテンによる保護

近くにいる作業者のではなく、近くに来た人の目や皮膚を守る為に、ゴーグル・メガネと同じように特殊素材でできた 窓・カーテンによる目の保護があります。 こちらもレーザー発振器の種類(波長)や出力パワーによって選択する必要があります。

レーザー保護用ゴーグル・メガネによる保護

レーザー光が間違えて目にあたらないように特殊な素材でできた ゴーグル・メガネによる目の保護。 レーザー発振器の種類(波長)や出力パワーによって選択する必要があります。

発振器本体や装置に張り付いたシールやラベルによる安全表示

レーザーや加工機が持っている危険性や注意事項を表示するための シール・ラベルによる危険性表示。 このシールやラベルはレーザー機器メーカーが基準にしたがって表示しなくてはならないものです。

スポンサード リンク