レーザーの安全基準とクラス

日本工業規格(JIS:Japanese Industrial Standards)で規定されているレーザーの安全基準クラスについての基礎知識。

従来の国際規格では安全クラスが5段階(安全な方からクラス1・クラス2・クラス3A・クラス3B・クラス4)に分類されていましたが、 光学機器の応用の拡大に適合するよう2001年からは「7段階」にクラスが分類されています。

スポンサード リンク

日本工業規格では「レーザ製品の放射安全基準」JIS C 6802が規定されています。
この基準は「レーザー機器により使用者に障害が発生することを防止する」ことが目的で策定されています。

ちなみにクラスの数値が大きいほど危険度が高いというクラス分けになっています。

スポンサード リンク